おいらのひとりごと

幸せな成功者になりたければ命のルーツを感じることから

更新日:

http://dentarokamen.com

【音声配信】
自分の命のルーツである先祖を大切にしてほしいというお話です。

チャンネル登録はこちら

下記の文章は動画内の話をアプリで自動文字起こししたものなので単語や文章がおかしい部分が多々あります。
内容の詳細は動画でご確認ください。

はいこんにちはエー今回はですねええ
幸せとは
まにか
人生とは何か生きるって言うこととはどういうことなのか
まあそういうことについてちょっと a
お話ししていきたいとおもいます
まずですねー
その行き後についてですね幸せとかそういうことの前にあの
生まれてきた
その自分の命っていうことについて
あの
ちゃんとまずらー
みつめていた方がいいんじゃないかなって思うのでそういうことから
a ちょっとお話ししていきたいと思いますね

[音楽]
まああんまりねあの
[音楽]
命についてへ
生きてるって事がもうあたずそもそも当たり前のような感じになってると思うんで
そう言ってね真剣に考えたことある人っていうのはあんまりいないんじゃないかなと
思うんですけども
あの
まあ当たり前ではないんですよ
あのね結論から言っちゃうぞ
あの私たちあなたも私もそうですけどこうやっていきてー
ここにいるっていう事がねそれは当たり前のことじゃないってことなんですね
どういうことかっていうとあの誰でもそうなんだけど
自分の
仙蔵っていうのがいるわけですよ祖先っていうのは
それはもういろんな厳しい時代苦しい時代を乗り越えてきてへ
命をつないで
の今
われわれがこうやって生きてるっていうことなんですね
どういうことかっていうと
あの今でこそ大猫の日本の中で暮らしてたらそんな事全然感じになるのかもしれない
ですけど
あのー
食べていくことだけでも大変っていうかねえ
そういう時代があったわけですよ明日食べるものはないっていうね
今では想像できないかもしれないですけれどもそういう子がいがあったわけですよ
あのそれはもう日本全体がそういうことになってたっていうねまぁ
何だろう災害だとか
病気聞きいうとかねそういうことがあって苦しい時代があったらせるそうとかもそう
ですけども
明日食べるものがないそういう時代があったわけですよ
そんな時に先祖はどうしたかっていうと生きるために必死だったわけですね
あの
自分の子供を生かすために自分は犠牲にして
してへ
自分は食べられなくてもいいから
なんとかねその no
子どもの
子供が食べさせるんだということで子どもを生かすんだったことで
命だけで
a 子供の口に食べ物
運んでくれて
a それでなんとかねまあもちろんなくなっちゃった人もいっぱいいるんだと思うん
ですけどね子供でも
それでも何とか生き延びて
えええええええ
命のつないで
その先祖ってかその末裔が我々なわけですよ
必死にね先祖が命をつないでくれて生かしてくれて
今こうして a
の食べたいもの食べ
好きなことをやったりてよテレビを見たりね色んなことやって
過ごしてるわけですけども
そう言うね苦しんだ先祖の命だけで命のバトンをつないでくれた
先祖のルーツがある日だってことをね
まずは知る事ですね
そこは根幹だと思います
だからねあのー
なんていうか1年2回位でもいいから盆と正月ぐらいでもいいからね

先祖の墓前に入って
a
ご先祖様に線香を上げて手を合わせてみるって言うのはねぇ
これは行ったほうがいいと思いますね
その時にあのお願い事をするんじゃなくて
このおじいさんおばあさんとかねまたその前の代のおじいさんはまず
どんな思いでへ
人生過ごしたのか
自分に
この命のバトンをつないでくれたのかっていうのを姉
感じてみてほしいということですね
まずはそこがねあの
幸せに生きるためのねー
一番大事な今夏になってくると思うんです
そのまず今自分がここにいる
命を守って生きているここにいるってことがね当たり前だと思わないことですよ
必死になって命のバトンをつないでくれてき世紀的な確率で広域てるっていうね
ことなんです
b 後のバトンを今受け取ってるのは
私たちなんですね
だからこそ
[音楽]
しっかり生きなくちゃいけないっていうね
今自分の番なんだということですよ
順番がまわってキックあの奇跡的な確率で順番が回ってきたんだということですね
ながら精一杯生きなきゃいけないってことなんですね
このことがまずはわかってないと幸せな成功者にはなれないんです
あの
だからね
親とかおじいさんもバーサーまたその前の世代の人たち
こういう人たちよね大切に思うことですよ
感謝することですよね
大変な時代を生き延びて
自分の命と引き換えに
命のバトンをつないでくれた
だから今自分がいるんだってねそのことを姉
まず
理解しないとう
いい人生は送れないと思います
まず親に感謝するとかねあの
おじい損ば彼に感謝するとか全土に感謝するとかねぇ
そういうことは基本中の基本なので
ええ
そこをちょっとまずは分かってほしいなってことがまず第一なんですね
た是非1年に1回でもいいですからね
30分でもいいから5分でもいいからあの
先祖のことを思って
えええ
お墓に行ってを制服を開けて手を合わせてみてほしいなって思いますね
で自分の命の角筒戸さっていうのを
しっかり感じてそっからスタートだと思いますね私阿
ということでまぁまずそのねあの
命の尊さということを感じてほしいっていうね
影響そういうお話でした
ぜひねー
1年に1回例1位ですから1回でも2回でもいえる t のねー
時間を作って
自分の鮮度の
若いってねあの
手を合わせてその先祖の重いっていうのも想像してみてほしいということですね
まずそういうところからわかってないと
幸せな成功者っていう何がねなかなか
慣れないと思うので
すごく大事なこと部門でね
ばかりしないでー
そういう親とか
先祖のことを想像してみてください思いを想像してみてくださいってことですね
自分の命の尊さを
感じて欲しいってことですね
そこがわかってないとそっから先には進めませんよってことなんです
幸せな成功者になりたいければねそういうことがしっかり理解しなくちゃいけないん
です
本物の成功者っていうのはねぇ
だからそういうことがわかってるから先祖を大事にするんですよ
皆さんもねぜひそういう幸せな成功者になりたければ
a そういうことを理解して感じてみてほしい
まあそういう今日はそういうお話でした
それではまた次回さようなら

チャンネル登録はこちら

 

 

人気ランキング
の確認は↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

リアルタイムの
ランキングは↓

ライフスタイルランキング

-おいらのひとりごと

Copyright© 電太郎仮面 , 2019 All Rights Reserved.