おいらのひとりごと

富士山で「動けない」救助隊捜索、連絡せず自力下山というニュースについて思うこと

投稿日:

富士山で「動けない」救助隊捜索、連絡せず自力下山というニュースについて思うこと

山梨県側の富士山を登っていた20歳代男性が20日午後、「疲れて動けない」と富士吉田署に通報した。救助隊員6人が捜索を続けているうちに、男性は自力で下山。同日夜、東京都内の自宅に戻るまで、下山したことを同署に連絡しなかった。

発表によると、男性は同日朝、単独で麓から登り始めた。

アイゼンをつけていないなど軽装で、登山届も提出していなかったという。残雪に覆われた8合目付近で動けなくなり、午後0時40分頃、救助を求めた。

曇天でヘリによる救助ができず、県警の救助隊員が5合目から現場に向かった。

途中で男性と連絡が取れなくなり、捜索は午後9時半頃まで続けられた。その間に男性は麓まで歩き、電車で帰宅。男性から連絡があったのは午後10時頃だった。

富士山の山開きは7月1日。県警は「この時期の富士山は残雪があり、非常に危険。下山中の滑落や、救助隊員が二次被害に遭うおそれもあった」と指摘している。

記事元

電太郎仮面ドットコム

チャンネル登録はこちら

再生リスト

富士山で「動けない」救助隊捜索、連絡せず自力下山というニュースについて思うこと

 

 

人気ランキング
の確認は↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

リアルタイムの
ランキングは↓

ライフスタイルランキング

-おいらのひとりごと

Copyright© 電太郎仮面 , 2019 All Rights Reserved.