おいらのひとりごと 人気の記事

リーマン・ショックとは?

更新日:

以前お金の知識を学んでいく際には、経済を同時に知る事でさらにその面白みが増すというお話しをしました。

 

そこで今回は、経済や投資にもう少し興味を持って頂くためにおそらく、あなたにも聞き馴染みのあるテーマをご用意しました。

 

2008年、世界的な金融危機を引き起こすきっかけとなったアメリカのリーマン・ショックです。

 

このリーマン・ショックがいったいどんなものだったのか?

 

こちらを、わかりやすく、お話ししていきたいと思います。

 

そこで、まず、リーマン・ショックを引き起こす原因となったサブプライム問題からお話ししていきます。

 

サブプライム という言葉、日本では、あまり聞き馴染みがありませんが、あなたは、この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

これは、所得が安定していて社会的に信用の高い人々、つまり「お金を貸しても大丈夫だ」と思われる層の人々をアメリカでは「プライム層」と呼びます。

 

そして、この層の下位として位置付けされているのが「サブプライム層」つまり社会的に「お金を貸しても 大丈夫かな?」と思われている人々の事を、アメリカではサブプライム層と呼んでいるのです。

 

そして、こうした人々へ向けた社会的な信用がない分、通常よりも金利の高いローン商品がサブプライムローンです。

 

2000年代に入り、当時のアメリカでは過去の日本の様な「住宅バブル」が巻き起こっていました。

 

年々住宅の価格が上がり続け、こうした中でもさらに家や土地を欲しがる人々が大勢居たのです。

 

これは、アメリカ国内の金利が下がって、お金の使い道を探す人が増え、行き場を失った、その大量の資金が、住宅市場に流れ込んだためです。

 

もちろん「サブプラムローン」も、これに伴い金利が下がったためここぞとばかりに、銀行も多くの「サブプライム層」に家を買うための「サブプライムローン」を勧めました。

 

「お金がない方でも、その家を担保にしてくれたらお金を貸しますよ」というわけですね。

 

年々、住宅の値段が上がり続けているのですから家を担保にお金を貸せば、銀行側としても借金を取りはぐれる事はない、と考えていたのです。

 

また余談ですが、この時一部の銀行は本来「プライム層」である人々にも高い利息を取るために「サブプライムローン」を勧めていたとも言われています。

 

さらに、銀行はもっと、このローンを多くの人に勧めようと「家を買いたい人に貸すお金」を用意するため「債券」を売り出しました。

 

「債券」とは、世界中の投資家や企業から、お金を借りる際に銀行が発行する借金の証明書です。

 

「国債」の銀行版みたいなものですね。

 

こうして、瞬く間に「サブプライムローン」が多くの人々に、そして世の中に広がっていきました。

 

家が欲しかった人々は、今まではなかなか審査の降りなかった銀行からお金を借りる事ができ、念願の家を購入する事が出来ました。

 

また、銀行や投資家もこのローンのおかげで、どんどん資産が殖えていきます。

 

こうして、みんなが幸せになるはずでした。

 

しかし、この背景には1つの矛盾がはらんでいました。

 

そう・・・本来は中身のない

 

「住宅バブル」です。

 

そしてある日突然、この「住宅バブル」は弾けました。

 

家を欲しがる人々が、世の中から減り始めたため住宅の価格がどんどん落ちていってしまったのです。

 

銀行が「サブプライムローン」を勧めた背景には年々住宅の価格が上がる事が前提となっていたのでこうした事態により、銀行側も貸したお金を回収出来なくなってきました。

 

また「サブプライムローン」をすでに組んでいる人は「住宅の価格が上がり続けているなら、担保の価値も上がるから後からもう少し金利の低い別のローンに組み替えればいいや」と考えていたわけです。

 

しかし、住宅バブルが弾けてしまったわけですから当然、ローンを返せなくなる人々も出始めました。

 

元々、それほど裕福ではない人々向けのローンですから瞬く間に支払いが滞り、借金のカタに家を失う人々も増えていきました。

 

こうして、銀行が売りに出していた「債券」や「サブプライムローン」は、一気に信用を失ってしまったのです。

 

これが サブプライム問題の始まりです。

 

では、このサブプライム問題が「リーマン・ショック」と、どう繋がっていくのか?

 

そして、世界中を巻き込む金融危機という最悪の事態となってしまった経緯をお話ししたいと思います。

 

まずは、少し時間を遡って「住宅バブル」が弾ける前・・

 

当時、アメリカには世界各地で大きく営業活動を行う証券会社がありました。

 

この会社は、投資家などから預かっている資金を自分達でさらに投資をする事で利益を上げていく、という会社です。

 

またその歴史も1850年設立と古くから続いており世界的にも信用もされている、非常に大きな会社でした。

 

この会社が「リーマンブラザーズ」です。

 

そして住宅バブル全盛期リーマンズラザーズは「サブプライムローン」の債券を混ぜた(証券化された)金融商品を数多く保有、販売してその業績を伸ばしていました。

 

証券化された金融商品とは、いろいろな投資案件が混ぜられて出来た金融商品の事です。

 

例えば、Aという金融商品があったとして、

 

その内訳が・・・

 

・インドの株30%

 

・アメリカの国債に40%

 

・サブプライムローンの債券に30%

 

といった具合になっているという事ですね。

 

当時は、住宅バブルのおかげで「サブプライムローン自体」そして「サブプライムローンの 債券を含む金融商品」は世界中で「とても良い商品だ」と思われていました。

 

そして「サブプライムローン」の債券を含んだ金融商品はさらに他の金融商品と混ぜられ、どんどん世界中に広まっていきました。

 

そして、これらが、もう、どこまで影響を及ぼすのか分からないほど世界中に広がっていった、その最悪のタイミングでその地盤を根底から破壊する様に、住宅バブルが弾けたのです。

 

世界中に広がっていった「債券」や「サブプライムローン」そして「それらを含んだ金融商品」も当然、一瞬にしてその信用を無くしました。

 

これにより、多くの世界投資家が計り知れないほどの損害を受けこうした人々の怒りから、問題の原点であるアメリカ経済そのものの信用も落ち、さらに、アメリカドルへの信用も落ちていきました。

 

また、この地獄の様な一連の事態を見て連鎖的に被害を被る事を恐れた世界中の投資家達が「債券」や「株」といった金融資産をどんどん現金化し始めたため世界中の様々な国の株価が大暴落。

 

こうして、世界中の市場が大混乱を巻き起こし世界的な金融危機という最悪の事態を招いてしまったのです。

 

こうした煽りを受け、これらの商品を世界中にバラまいていたリーマンブラザーズの経営は、かつてないほどの危機を迎えました。

 

もう、自分たちでは、どうする事も出来ないほどの事態となっていたためリーマンブラザーズは、ワラにもすがる思いで国に助けを求めました。

 

しかし、アメリカ側はこれを拒否します。

 

そして、どうする事も出来なくなったリーマンブラザーズは歴史上類を見ない64兆円という負債を抱えたまま、ついに、倒産してしまったのです。

 

こうして、リーマンブラザーズが世界中にバラまいた「債券」や「金融商品」は、ただの紙くずになりました。

 

それらを保有し、資産を運用していた世界中の「銀行」「起業」「投資家」は大損害を受けその影響は、世界中の様々な所にまで飛び火していきました。

 

こうして、世界中が金融パニックに落ち入りさらに世界中の金融界のバランスまでおかしくなってしまいついには、一般の家庭にまで影響を及ぼす経済全体の不況をも招いてしまったのです。

 

これが、有名なリーマン・ショックの全貌です。

 

日本からすれば、遠くアメリカでの出来事の様に思われますが実は日本にも様々大きな影響がありました。

 

あなたもご存知の、有名な日本の銀行である「三菱東京UFJ銀行」や「みずほ銀行」なども何百億という規模の「サブプライムローン関連の証券」を保有していたため世界中の投資銀行と同じく、大損害を被っています。

 

また、アメリカドルの価値が下がったために円高となり輸出で収益を上げる、多くの日本企業の利益が激減リストラや派遣切りなどが社会問題になりさらには、倒産する企業まで出て来てしまったのです。

 

日本全体では、このリーマンショックの影響でおよそ2兆円以上の損失を被ったと言われています。

 

世界の経済はこうして様々な形で、複雑に絡み合っています。

 

遠く離れた、あなたに全く関わりのないと思える海外の1つの会社があなたの身近にも思わぬ影響を与えている場合もあるのです。

 

これを機に、少しでも経済に興味を持って頂ければ幸いです。

 

リーマン・ショックとは?

 

 

人気ランキング
の確認は↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

リアルタイムの
ランキングは↓

ライフスタイルランキング

-おいらのひとりごと, 人気の記事

Copyright© 電太郎仮面 , 2019 All Rights Reserved.