おいらのひとりごと

全体像なんか見えなくてもよい。迷わずに最初の一歩を踏み出すこと。とにかく一歩を踏み出さないと何も始まらないというお話です。

投稿日:

http://dentarokamen.com

全体像なんか見えなくてもよい。

疑わずに最初の一歩を踏み出せばよい。

とにかく一歩を踏み出すことから。

世の中でなかなか思うようにいかずに苦しんでいる人たちを見ていると、いつまでも情報収集ばかりしていて、なかなか行動しない人たちが多いように思います。

もちろん、情報収集や準備は大切なのですが、何年も情報収集ばかりしていて、なかなか行動しないでいるとブラックホールの中に入ってしまうようなことになり最悪な習慣になってしまいます。

いわゆる情報収集することで満足してしまうノウハウコレクターと言われてるような人たちですね。

あたりまえですが、この世は行動しなければ絶対に結果は出ないようになっているのです。

そして、人生は一度負けたら終わりのトーナメント戦ではありません。

一度負けても、まだチャンスがあるリーグ戦のようなものです。

もっと言えば、何度負けても、制限などなく、何度でも挑戦してよいのです。

人生では、負けた数は関係なく、勝てばいいのです。

要するに、たくさん挑戦したほうが、たくさん勝ち星を上げることができるということなのです。

このことがわかっていれば、行動しないと損するという思考になるのです。

例えば、恋愛なんかはわかりやすいと思います。

何年も恋人ができない、なんていう人がけっこういますよね。

こういう人たちは、ふられることを恐れてプロポーズしない人たちなのです。

あたりまえですが、好きな人ができてもプロポーズしなければ、何も進展はしません。

もちろん、こちらの誠意が伝わらなかったり、相手のタイプではなかったりして、ふられるかもしれません。

そしたら、また、好みの人を探してプロポーズすればいいだけなのです。

普通それを10回くらいチャレンジすれば、失敗から学んだこともあるはずなので、1人くらいは、良い返事がもらえるものです。

つまり、結果を出せない人たちというのは、結果を出せる人たちと比較すると、圧倒的にチャレンジする回数が少なすぎるのです。

考えてばっかりで、勝手に1人で頭の中でネガティブキャンペーンをやって勝手にへこんで恐れて不安になり行動しないのです。

たしかに行動しなければ、傷つくことも失敗することもありません。

しかし、逃げてばかりの現状維持では、実は、どんどん状況は悪化していくのです。

挑戦し失敗を経験しなければ、当然結果も出ないし、人としての成長もないのです。

勇気を出せず、逃げてやらなかったということは、年老いてから必ず後悔することになるのです。

結果的に、逃げてばかりで行動しない人間は幸せになれないのです。

先のことを考えすぎて不安になる必要はありません。

まず、行動すること。

まず、一歩を踏み出してみること。

千里の道も一歩からなのです。

笑いたい奴には笑わせておけばいい。

バカ者よ、大志を抱け!

良くなるわけないんだよ!

やらなくちゃ!

自己紹介はこちら
電太郎仮面ドットコム

チャンネル登録はこちら

再生リスト

http://dentarokamen.com/gv7t7y8g8/

 

 

人気ランキング
の確認は↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

リアルタイムの
ランキングは↓

ライフスタイルランキング

-おいらのひとりごと

Copyright© 電太郎仮面 , 2019 All Rights Reserved.