おいらのひとりごと

トランプ大統領、安倍首相、日米おもてなし外交取材記 厳しい米SSの警備、アイダホ産じゃがバターも登場 という記事につてい思うこと

投稿日:

日米おもてなし外交取材記 厳しい米SSの警備、アイダホ産じゃがバターも登場 という記事につてい思うこと

令和初の国賓として来日したトランプ米大統領は、天皇陛下との会見や海自最大の護衛艦「かが」を視察するなど異例の厚遇で迎えられた。ゴルフ、大相撲観戦、炉端焼き店と朝から晩まで続いた手厚い接待には賛否両論が巻き起こったが、現場で直接取材すると、厳重な警備態勢のもと、特別の信頼関係を深めながら、トランプ氏の本音に迫ろうとする首相の姿が目に焼き付いた。

 ■バンカーショットに「グレイト!」

 バババババッ-。5月26日午前9時過ぎ、千葉県茂原(もばら)市のゴルフ場に米大統領専用ヘリ「マリーンワン」が轟音(ごうおん)とともに姿を現した。風圧に耐える報道陣をよそに、機体は悠然とフェアウエーのど真ん中に着陸。ゴルフコースにヘリで登場する非日常的な光景にトランプ氏の豪快さを感じた。

 到着を待ち構えていた安倍首相はトランプ氏に歩み寄って握手を交わす。

 「シンゾー、会えてうれしいよ」

 「ドナルド、僕もだよ」

 そんな会話が聞こえてきそうな親密さが二人の姿から感じられる。トランプ氏は首相が運転するカートに乗り込み、クラブハウスへと向かった。

 おもてなしの第一弾は共通の趣味のゴルフだった。2人のゴルフ外交は通算5回目。今回はトランプ氏の要望に応えてプロゴルファーの青木功氏も同伴し、真夏日の暑さをものともせず、計16ホールを約2時間半かけてプレーした。

 「接待ゴルフ」というとマイナスのイメージがつきまとうが、ビジネスでは取引先とのコミュニケーションツールとして重宝される。長い時間を共有し、リラックスした雰囲気の中で本音を引き出せる機会が多いからだ。ゴルフは性格が出るスポーツでもあり、会議室では分からない相手の姿を知ることもできる。

 「グレイトショット!」

 トランプ氏のバンカーショットがピン側に寄ると、周囲から歓声が上がり、当人はご満悦だったという。ゴルフを終え官邸に戻った首相は、記者団に「大変リラックスした雰囲気の中で率直な意見交換ができた」と満足気だった。

 ■アイダホ産じゃがバター

 ゴルフに続いて、夕方の大相撲観戦を終えると、2人を乗せた大統領専用車は東京・六本木の炉端焼き店へ。周囲の道路は約1・5キロにわたって封鎖され、店の周辺はシークレットサービス(米大統領警護隊、SS)が立ち並び、厳戒態勢が敷かれた。周囲は2人の姿を見ようと通行人であふれ、異様な空気に包まれていた。

 「荷物を置いて、全員並べ!」

 炉端焼き店を取材する記者に対してSSの指示が飛んだ。逆らえば何をされる分からないほどの威圧感。言われた通り、きびきび動いた。持ち物を地面に置いてその場を離れると、SSは容赦なく中身をあさり、警察犬もかばんを踏みつけながら不審物の捜索にあたっていた。

 午後6時過ぎ、店前に張られた巨大テントの中に大統領専用車が吸い込まれ、両首脳がテント内に敷かれた赤いカーペットの通路を通って店内に入っていった。厳重なセキュリティーチェックを受けた記者たちも後を追いかける。

 「じゃがいも、お待ちどうさまでーす!」

 二人が着席すると、店員のかけ声とともに、大きなしゃもじで「じゃがバター」が差し出された。一部報道によれば、「じゃがバター」はトランプ氏の選挙地盤であるアイダホ産ポテトが使用されていたそうだ。だが、皿を受け取るトランプ氏の表情が険しい。疲れているのか。それともアイダホ産に気がついたのか。その表情から読み取ることは難しかった。

 一連の接待には野党から「やり過ぎだ」などの批判の声も上がった。

 立憲民主党の辻元清美国対委員長は22日、記者団に「トランプ氏は観光旅行で日本に来るのか。安倍首相はツアーガイドか」と皮肉った。

 共産党の小池晃書記局長は27日の記者会見で、トランプ氏が日米首脳会談で貿易交渉に関し「8月に大きな発表ができる」と表明したことについて「『選挙が終わるまで黙っていてね』とお願いするために、おもてなしをしたのかといわれても仕方がない」と批判した。

 さらに、国民民主党の玉木雄一郎代表は30日の記者会見で「日米の絆が強いことを内外に発信したことは評価している」とする一方、「密約が結ばれている可能性があるとしたらゆゆしき問題だ」と語った。

 確かに、首相とトランプ氏のやり取りの全てが公表されたわけではないだろう。しかし、同盟国の首脳と多くの時間を共有し、緊密な関係を構築することは日本の国益に資するはずだ。日米は難しい貿易交渉の最中で、北朝鮮の拉致問題解決には米側との連携が不可欠だ。

 相手の本音を探らずに、まともな交渉など期待できまい。ましてやタフネゴシエーターのトランプ氏が相手ではなおさらだろう。

 ただし、政治は結果が全て。さまざまな課題にどのような進展があるのか。おもてなしの評価はもう少し後に明らかになる。

自己紹介はこちら
電太郎仮面ドットコム

チャンネル登録はこちら

再生リスト

記事元

http://dentarokamen.com/98y786y7tdtfy8g/

 

 

人気ランキング
の確認は↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

リアルタイムの
ランキングは↓

ライフスタイルランキング

-おいらのひとりごと

Copyright© 電太郎仮面 , 2019 All Rights Reserved.