おいらのひとりごと

【最愛の人の死】命の期限は寿命で決まる

投稿日:

http://dentarokamen.com

チャンネル登録はこちら

下記の文章は動画内の話をアプリで自動文字起こししたものなので単語や文章がおかしい部分が多々あります。
内容の詳細は動画でご確認ください。

はいこんにちは
今回はですねあの人の身につい
死ぬっていうことはどういうことなのかっていう正氏の受け入れみたいなことについて
えーちょっと必要なことだと思うのであの大事なことだと思うのでお話したいと思い
ます
あの
まぁ今回ゆっこ8
人ん家っていうのは
a と人の家とかじゃなくて自分のあの肉親の死ですね
最愛な人も c
すごく身近な人のタイプ大切な人の死っていうことで考えてみたいと思います
えーっとですねー
あの
人間はこれは当たり前のことなんですけども
誰でも
死ぬわけですよあの
どんなスーパースターでもどんな偉い人でも
まああなたのお家でも私を家でもね
必ず死ぬんですそれでももちろん
自分も死ぬ時が来るわけです
これはもうね仕方のないことなんですね
あの
しっていうのはもう誰でもくることで
閉園にし続ける人なんていうのは誰1人としていないわけですよ
でこのことがわかってるにも関わらずですね
その際愛が1思う
が亡くなった場合にですね
すごくショックショックで
勝なおれなくなってしまうようなねそういう人は結構少なくない
ですねショックで
あの
もちろん他人を知ってるのと自分の状態最愛の人とし人の子っていうのは
当たり前だけど受け止め方っていうのが全然違うわけですよ
としてもね他人の子っていうのはな我が事のようには受け取れないもんでね
そういうものとは違うわけで
その自分の大切な人がそういうことになった時にどう人はなるかっていうとどういう心
の動きがあるかっていうと
まあ
ものそも悲しんだり
あとはものすごく怒ってみたりねなんであの人だけなんで個4個だけとかね
ものすごく怒ってみたい
あとは神様に本当に
すごくすがるような思いを持ってみたり
なんでもしますから
助けてあげてほしい助けてあげてください
もうこいつがあるような思いですね
いろんなねあの感情が
揺れ動く
と思うんですねこれは正
しょうがないことだと思うんです誰でもそうだと思いますよあの
身近な人が大切な人が亡くなれば
だけどこの人もチっていうのが
絶対受け入れなくちゃいけないんですよ
受け入れて
の自分は
まぁ今までありがとうございましたっていう気持ちを持って感謝の気持ちを持って
自分は残された人生全うしますということでね
前に進まなくちゃいけないんですほんとはね
だけどそれがもうショックすぎてなかなかできない人がいる
下手したら詰むん
たくさんやいな人も獣によって
ショックからたちのフェーズにねその後の人生ももうに振っちゃうようなね
そういう人も中にはいるって事なんですけども
あの
人の子っていうのは
みんな寿命によって決まっているわけですよ実は
主原因っていうのは色々ある乗せあの病気で亡くなったり事故で亡くなったりとかね
いろんなことで命をあのを得るわけですけども
多分その芸小っていうのはそれただの現象に過ぎなくて実は人のそのネギ後の期間って
いうのは
寿命によって決まってるんですよ
でなくなったら終わりじゃなくてあの
この世での役目を果たして向こうの世界に戻ったっていうことなので
そこそこらへんまねえちゃんとあの理解して
まあ
なんていうか
この世ではもうね会えないかもしれないですけど
また勝ちの世界行った時にね
会えるわけだから
人がその残された
事業を人生をひっかりその亡くなった人のことをね胸に秘めて思って
生きていかなくちゃいけないわけです今自分が生きてるって言うのはねやっぱり意味が
あって生かされてるわけですよ
まだ死ぬのは上がりよっていうね神様に言われているわけだから
大切な人の死を胸に受け止めて自分はまたね
その
自分の人生残された人生どれだけあるか分からないですけれども
しっかり生きてマットしなくちゃいけないってことなんです
ねその
んまぁ
さっき言ったようにね
そういう大雪人がそういうふうに会った時に
人はどういう感情になる買ったらものすごく話になり
ものすごく怒ったりなんであの人だけなんでウチだけとかね
アンで自分だけで言いたいね
怒ったり
あと神様にものすごくすがってみたいね
熱帯そんな神社とかねお寺とか行かないのに
そういうときに限って
なんでもしますから
助けてあげてほしいとかね神様にお願いしてみたいん
そういう心のすごく
なんか動きっていうのがあるって言うのはね巻かれしょうがないんだけども
誰でもそうなんですよやっぱり
すごく自分の身近な人が亡くなればまあ
すごくこその心の動揺っていうのはあるのはもうみんな同じなんでね
それであの
それでもやっぱり死を受け止めて受け入れて前に進まなくちゃいけないってことなん
ですけれどもそれであのあるのが
儀式なんですよ
あの葬儀とか
法事とかね法要とかそういうことなんです
それは者のためにやるんじゃなくて信頼人のたびにあるんじゃなくて
ロコされた人が次の人生自分の人生前に進む為にやる儀式なんですよ
あのその人はなくなったんだということをね記事目をつけるために受け入れるために
やるのが儀式なんです
法事とかで葬儀とかっていうのはその死者のためにあるって言うよりも
残された人のためにやるもんなんですよ
実はね
そういう儀式をきっかけにしてあの気持ちを切り替えて受け入れて
前に進まなくちゃいけないっていうことなんですね
それであの
それでもねやっぱりなかなか今
立ち直れずに
前が
前を見ることができずに10本を踏み出すことができずに
a
悲しみとか
また行き方が分からなくてもがき苦しんやってるような人
ここの笹いかなくなっちゃっていいもがき苦しんでるような人ね
その者方をあのなくなったその人は
84世界から見てますよってことなんですよ
その坂を喜んでいないですよって異なるんです

あの自分も必ずねハッチの世界に戻る時に来るわけだから
その時までに
そのね向こうに先に旅立った大雪人にね
たくさんねっ
なんというか a
このようで精一杯生きてたくさんのね
土産話を持って
向こうに行って
ねぇー
たくさんそういう話をねこういうことがあったりことがあったっていうので聞かせて
あげてほしいなと思いますね
向こうで待ってるあなたの大切な人とがいるんでね
まあ先祖もそうだと思います

その命のバトンをもらってこのように生きているわけだから
何向こうの世界気に帰る時が来るまでねー
精一杯生きてえ
いずれ自分が向こうに旅立った時に戻った時に
号で待ってるね大切な人
精度とかにね
自分は精一杯生きましたと
こんなことがありましたあんなことがありましたってね
たくさんそういう土産話持って
胸張ってね
あっちの世界に
いってほしいなと思いますね
からねえ
辛いのはわかるけどね
しっかり
その脚大切な人の死を胸に秘めて自分は残りの人生ね
しっかり全うして一生懸命生きなくちゃいけないっていうね
まあそういうことが今回ちょっと言いたかったことで
今回そういうその大切な人の死について
っていうお話でしたそれではまた次回
さようなら

チャンネル登録はこちら

 

 

人気ランキング
の確認は↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

リアルタイムの
ランキングは↓

ライフスタイルランキング

-おいらのひとりごと

Copyright© 電太郎仮面 , 2019 All Rights Reserved.